カデンのエトウは大分県佐伯市で「カデンのレスキュー隊」として、家電販売・修理・工事を行っています。

大分県の土地付き太陽光発電投資物件

大分県の土地付き太陽光発電投資物件2018.12.17投資型の太陽光発電は「誰から買うか」が大切。その理由について

太陽光発電_投資_パートナー

 

「投資なんて、普通に暮らしている私には関係ない」そう思う方もいるかもしれませんが、この【投資型太陽光発電】大半は“普通に暮らしている人”が運用しています。

 

普通の主婦、普通のサラリーマン、普通のOLさん、普通のおじいちゃん…。

 

そんな普通の人たちがローリスクで、毎月安定した利益を手にしているのです。

 

実は私もすでにいくつも運用しています(笑)。太陽光発電を勉強していく中で、この【投資型太陽光発電】ほど安定して利益を確保できるものはないと確信したからです。

 

ただし【投資型太陽光発電】は「どこ(誰)から買うか」によって導入後の運命が大きく左右されます。何十年も利益を生み出すものですから、販売店は事業パートナーのようなものです。

 

信頼できるパートナーを見つける”それこそがこの【投資型太陽光発電】を成功させる鍵となります。では詳しくみていきましょう。

 

 

投資型太陽光発電とは?

 

まずは【投資型太陽光発電】とはどんなものなのか?をご説明します。

 

【投資型太陽光発電】とは、設置者が太陽光発電事業の事業主となり、売電により利益を得る投資方法です。

 

イメージしやすいよう【住宅用太陽光発電】との違いを簡単にご説明しましょう。

 

◯売電について

 

【投資型太陽光発電】

発電した電気は全て売って利益に。設置してから20年間は電力会社が固定額で買い取ってくれます。

 

【住宅用太陽光発電】

発電した電気は昼間家で使い、その余りを売って利益に。設置してから10年間は電力会社が固定額で買い取ってくれます。

 

◯パネルの設置場所

 

【投資型太陽光発電】

専用の土地の上に直接設置。土地付きの設備も販売されています

 

【住宅用太陽光発電】

ほとんどの場合、住宅の屋根の上に設置します。

 

投資型太陽光発電のメリット

 

①ローリスクで利益が確保できる。

 

設置してから20年間は電力会社が固定額で買い取ってくれるのでかなり低リスク(=20年間安定した利益収入を手にすることができます)。どれだけ利益が得られるかは、あらかじめシミュレーションできるので、融資返済計画なども的確に作成できます。

 

ちなみに融資に対しての月々の返済金額は実質0円。これは住宅用と同じです。

 

売電利益 - 融資返済 = 純利益(マイナスになることはほぼありません)

 

融資返済が終わった後はずっとボーナスステージ。かなりの利益収入が期待できます。※カデンのエトウの場合、融資返済期間を10年として計算しています。

 

この利益、(個人的な感想ですが)年金よりよほど確実だと思いますよ。実際「老後の資金のために」と【投資型太陽光発電】をはじめる方もたくさんいらっしゃいます。

 

②利回りが良い

 

投資型太陽光発電の利回りは10%以上のものが多数。中には15%近いものもあります。カデンのエトウでは11%~12%を実現しています。

 

③使っていない土地を活用できる

 

へんぴな場所にあり、活用法のなかった土地で利益を生み出すことができます。

 

④土地がなくても気軽に始められる

 

土地付きの太陽光発電設備も販売されています。誰でも気軽にできる投資、それが【投資型太陽光発電】です。

 

⑤特別な知識が必要ない

 

多少の基礎知識は必要ですが、、株や仮想通貨のように特別な知識がなくても始められます。

 

 

なんとなく【投資型太陽光発電】のイメージ、湧いてきましたか?リスクが少なく、安定した利益を手にすることができ、特別な知識も必要ない。まさに誰もが気軽に始められる次世代の投資です。

 

さてここからが本題。この【投資型太陽光発電】について「誰から買うか」がなぜ重要なのか詳しく見ていきましょう。

 

 

投資型太陽光発電で信頼できる販売店の選び方

 

先にお話ししたように【投資型太陽光発電】は事業です。では事業はなんのために行うのでしょうか?もちろん「利益を得るため」です。確実な利益を確保するためには太陽光発電設備が「安定して長期間稼働し続けること」が絶対条件です。

 

よく「20年間は電力買取り保証があるので安心でしょ?」と言う方がいますが、勘違いしてはいけません。保証はあくまで“買取”に対しての保証。発電そのものを保証してくれるわけではないのです。

 

太陽光発電設備が安定して長期間稼働し続けるためには、

 

・品質の優れた太陽光発電設備を販売している

・購入後もしっかりフォローしてくれる

 

最低でもこの2つの条件を満たすお店から購入する必要があります。

 

【投資型太陽光発電事業】は何十年も継続するものですから、購入店=事業パートナーと考え慎重に選ぶようにしましょう。

 

① 太陽光発電に対して深い知識を持っている。

 

これはもう最低条件です。できれば深い知識を持っているだけでなく、“今もなお勉強し続けている”のが理想。【投資型太陽光発電】は事業ですから、新しい情報をいち早く手にいれた方が有利に物事が進められる場合が多いのです。

 

ただ「知識を持っている」「持っていない」を見抜くのは正直難しいですよね。どの販売店もお客様の前ではいいことばかり言いますから、、。

 

とりあえずカデンのエトウの「太陽光発電の関するブログ」をしっかり読んで、その中から2、3質問してみましょう。きちんとした販売店なら必ず答えられるはずですので。

 

ちなみにカデンのエトウは「再生可能エネルギー100%普及」を目指す、エネルギー業界を現場から支え、牽引する団体・エナジービジョンに加入。年に何度も研修に参加し、太陽光発電に対する知識を深めると共に常に最先端の情報を仕入れています。

 

② 優秀なモジュール(パネル)を提案、販売してくれる。

 

太陽光発電モジュールはさまざまな国、さまざまなメーカーが販売しており、その品質はピンキリ。表面的にはどこも【安全・安心・高品質】をうたっているため、その本質を見抜く力を持った販売店を選ぶ必要があります。

 

どの太陽光発電モジュールを選ぶかは最重要ポイント言っても過言ではありません。

 

ちなみにカデンのエトウは再生可能エネルギー先進国であるドイツのソーラーワールド社のモジュールをお勧めしています。ソーラワールド社のモジュールのすごさは以前詳しく説明しています。忘れてしまった方は下記からもう一度しっかり読んでみてください。

 

私はこのモジュールを選べば【投資型太陽光発電】は99%成功したも同然だと思っています。詳しくは「エトウがSolarWorld社の太陽光発電モジュール(パネル)を選ぶ理由」をチェックしてください。

 

③ しっかりとした取り付け工事をしてくれる。

 

何十年も使うものですから、取り付け工事にも細心の注意を払う必要があります。ずさんな工事は、太陽光発電設備の耐久性を落としたり、故障の原因になったり…。非常に危険です。

 

◯工事の方法

 

これは以前説明した「カデンのエトウのネジ締め術」をもう一度読んでいただけるとわかりやすいと思います。ネジの締め方一つとっても、これだけ差があるのです。

 

・耐久性や様々なリスクを徹底的に考え慎重に施工する店

・コスト削減を第一に考え、手早く時短で施工する店

 

あなたはどちらを選びますか?

 

◯工事に使う器具の選別

 

これについては太陽光発電設備を支える台を例に見ながらお話ししましょう。

 

・カデンのエトウが使用している台

 

太陽光発電_架台①

 

強度を高めるために、複雑な作りをしています。

 

・一般的に使用されている台

 

枠の中は空洞。カデンのエトウが使用している台と比べると強度が劣ります。

 

・強度に問題がある台

 

枠の片側がない、コの字型。当たり前ですが強度は格段に落ちます。

 

一つの部品でここまで違うのです。太陽光発電を長年安全に稼働させるためには、コストと手間を惜しまずしっかりした取り付け工事を行ってくれる販売店を選ぶようにしましょう。

 

④ さまざまなリスクに対応する、万全の保険を提案してくれる。

 

太陽光発電_保険①

 

【投資型太陽光発電】には必ず保険をかけるようにしましょう。もちろんカデンのエトウは保険に関しても万全な対応を行っています。

 

保険にはさまざまな種類がありますが、保険に対するきちんとした知識がない、手間を惜しんできちんと説明しない販売店も少なからず存在します。

 

「よくわからない」と思えば自分から納得できるまで話をするようにしましょう。最終的にその説明に納得できなければ販売店そのものを変えることをおすすめします。

 

太陽光発電の保険の種類

 

◯火災保険

風雨災害。直接的な被害だけでなく、暴風でモジュールがとんだ等にも対応。

 

◯盗難保険

盗難された場合、保証されます。

 

◯電気的破損に対する保険

落雷被害の他、電気系統に昆虫が入り込んだ等による故障にも対応してくれる保険。電気系統の故障はかなり多いのですが、この保険をかけないケースを多く見かけます。

 

◯売電保証

モジュールが故障した場合、製品の保証期間であれば修理または交換してもらえます。しかし、修理・交換には時間がかかる場合がほとんど。

 

修理・交換を待つ間は発電しないわけですから、売電利益は生まれません。しかし、融資の返済は当たり前ですが継続されます。その不利益をカバーする保証です。1日1万円程度を保証してくれます。

 

カデンのエトウは全ての保険を熟知しています。そして、当然のこととしてその内容を細かくご説明し、ご納得いただいた上で加入をおすすめしています。

 

⑤ 購入後もしっかりしたフォローがある=危機管理をしてくれる。

 

【投資型太陽光発電】は何十年も稼働させるものです。優秀なモジュールを使い、完璧な取り付け工事を施してもトラブルが0になるとは言い切れません。そのため、長年にわたり事業主と一緒になって危機管理をしてくれる販売店がどうか見極める必要があります。

 

購入後のフォローについては曖昧にしてはいけません。しっかり話し合うようにしましょう。

 

カデンのエトウは危機管理の一環として、モジュール1枚ごとの発電量を測定できる「ソーラーエッジシステム」を提案・導入しています。

 

モジュール監視システム「ソーラーエッジシステム」とは

 

ソーラーエッジシステム

 

“超”簡単に言うと、太陽光発電モジュール(パネル)の監視システムです。

 

太陽光発電モジュールは発電量が一定以上落ちると交換対象になります。しかし、モジュール1枚単位の発電量低下や異常を発見するのは至難の技。気づかない人がほとんどです。

 

しかし、このソーラーエッジシステムを導入すればモジュール1枚単位の異常がいとも簡単に発見できます

 

ソーラーエッジシステムは、アメリカではほぼ義務付けレベルで浸透しています。導入するメリットは以下3つです。

 

①モジュール1枚単位で監視ができるので安心

軽微な異常(発電量の低下)も自分で発見できるので、交換時期を見逃すことがありません。

 

②モジュール交換の際、手続きがスムーズになる

メーカーにモジュール交換を打診する際、しっかりとした裏付けデータが提示できるのでスムーズに手続きできます(裏付けデータがないと交換を渋られることも多い)

 

③安全性がUP

太陽光発電のデメリットの一つに「火災」があります。

 

モジュールは電化製品です。品質の劣るものを使っていたり、取り付け工事に不備があったり、突発的なトラブルに見舞われると火を出す可能性があります。

 

(優秀なモジュールを完璧な工事で取り付けるとこのリスクは激減します。)

 

ですがモジュールが原因の火災には水をかけることができません。燃えている最中でも太陽の光が届けば発電してしまうからです。電気に水をかけると…当然、感電します。

 

しかし、ソーラーエッジシステムを導入しておけば「発電を人為的に止めることができる」のです。これにより、安全性は格段に上がります。

 

以上のような理由でソーラーエッジシステムはアメリカでは圧倒的支持を受け、日本でも昨今大きな注目を浴びています。カデンのエトウはしがない街の電気屋ですが、実はこのソーラーエッジシステムをいち早く取り入れていました。

 

それは、太陽光発電を勉強する中でソーラーエッジシステムの存在を知り「お客様の安心で快適な生活を守るためには必要不可欠なものだ」と直感したからです。

 

いち早く取り入れたので、私たちのソーラーエッジシステムに対する知識はかなり豊富だと自負しています。システムを使ってさまざまなデータが収集できたことから、実はこのシステムのメーカーのプレゼン用資料にカデンのエトウのデータが使われた程です。これちょっと自慢ですw

 

https://www.solaredge.com/index.php/ja/products/pv-monitoring#/

 

 

投資型太陽光発電マッチングサイトの罠

 

【投資型太陽光発電】にはインターネット上にさまざまな“マッチングサイト”が存在しています。要はネット上で商品を選び契約する方法です。

 

インターネット上のマッチングサイトは、一見とても便利なシステムに見えます。サイトにはたくさんの情報が掲載されていますし、豊富な商品の中から自分にあったものを選ぶことができる(ように見える)からです。

 

ですが、正直…あまりおすすめできません

 

マッチングサイトを運営しているのはただ紹介するだけの代理店である場合がほとんど。

 

代理店は購入者と直接会うことはありませんし、購入者がなぜ購入しようとしているのか、その理由を深く考えることもないでしょう。代理店は紹介するのが仕事。購入者が幸せになろうが、不幸になろうが知ったことではないのです。これはマッチングサイトのシステムにおいては当たり前のこと。特に責められるようなことではありません。

 

ですが太陽光発電を成功させるには、やはり信頼できるEPC業者と直接結びつくことが大切だと考えます。

 

太陽光発電のEPC業者とは

 

EPCとは、設計(Engineering)、調達(Procurement)、建設(Construction)の頭文字からきています。つまり、購入計画から、設計、調達、建設に至るまで全ての過程を請け負ってくれる業者のことを指します。

 

できれば地元の質の高いEPC業者と直接密なやり取りをするのが良いでしょう。

 

何十年も使い続けるものを“顔の見えない”業者とやり取りするなんて信じられない話だと思いませんか?

 

 

まとめ

 

今回は今話題の投資型太陽光発電についてご説明させていただきました。

 

投資目的の太陽光発電は今後さらに広まっていくことが予想されます。これほどローリスクで確実な利益を得る投資は他にないからです。

 

ただし【投資型太陽光発電】は何十年と続く「事業」です。購入店は事業パートナーと同意義。信頼できるお店を探すことが大切です。

 

信頼できるお店を見極めるには以下、5つのポイントがありました。

 

①太陽光発電に対して深い知識を持っている。

②優秀なモジュール(パネル)を提案、販売してくれる。

③しっかりとした取り付け工事をしてくれる。

④さまざまなリスクに対応する、万全の保険を提案してくれる

⑤購入後もしっかりしたフォローがある=危機管理をしてくれる

 

これはよ〜く覚えておいてください。パートナー(販売店)選びさえ間違わなければ、この投資はほとんど失敗することがないからです。

 

ちなみにカデンのエトウは①〜⑤の全てをがっつり満たしています。私たちはお客様の長年にわたる「事業」を支えるのです。当たり前のことだと思っています。

 

最初にも書きましたが【投資型太陽光発電】は、私たちカデンのエトウ自体でも実際に複数箇所運営しています。同じ投資を行う仲間として、疑問に思うこと、不安なこと、気になることがあればなんでも気軽にご相談ください。

 

実体験を活かし、間違いのない知識と情熱でしっかりとご説明させていただきます!(私たちは太陽光発電が大好きなので、お話できるのが嬉しいのです)